アモキシシリンが細菌感染症の治療に用いられる根拠を探っていく

このサイトはアモキシシリンが細菌感染症の治療に用いられる根拠を知ることでその有用性を理解されることを促していくサイトです。

アモキシシリンと薬の飲み合わせとは

   

あなたは普段は薬を飲んでいますか。若い子どもや世代となると、病院へ行くかとがなければなかなか飲まないでしょう。しかし、中高年になっていくと、体も衰えていき、薬も常用することも増えていくでしょう。

■お薬手帳が役立つ
普段あなたは病院へ行くときには、お薬手帳を持っていっていますか。ここ10年くらいで大分普及しました。目的としては、普段飲んでいる薬を知り、薬の飲みあわせによる重大な副作用を防ぐこともあります。薬をもらっても、何の成分もあるかわからないことが普通です。

お薬手帳をもっておけば、より安心して病院や薬を利用することができるのです。

■アモキシシリンと薬の飲みあわせとは
あなたは、アモキシシリンを知っていますか。感染症の予防や治療に使われる薬です。これは4~6時間の持続効果もあり、症状によって1日に1回~3回飲むことになります。大抵は食後に飲むことがおおいのですが、病院の指示に従って飲むようにしましょう。

しかし、飲むときにあなたがもしも、他の薬を飲んでいるのであれば気をつけないといけないこともあります。まずは、心筋梗塞などの治療で使われているワーファリンです。ワーファリンは血管の血をサラサラにして、流れやすくするものです。それにより血栓ができるのを防ぐのです。

ところが、ワーファリンを飲んでいる人が出血すると今度は止まりにくくなって危ないこともあるのです。アモキシシリンは、ワーファリンの効果を強めるかと知れないので、飲みあわせはよくありません。また他にも避妊ピルを飲んでいる女性もアモキシシリンを飲むと、避妊効果を弱めるとも言われていて、避妊を失敗する可能性があるのです。

■アモキシシリンは事前によく確認しておこう
病院へいけば、飲み合わせについても教えてくれますが、もしも個人輸入をするのであれば、よく確認をしてから服用は始めていきましょう。

 - アモキシシリンについてのお話