アモキシシリンが細菌感染症の治療に用いられる根拠を探っていく

このサイトはアモキシシリンが細菌感染症の治療に用いられる根拠を知ることでその有用性を理解されることを促していくサイトです。

アモキシシリンの飲み方を知ろう

      2017/08/07

あなたは薬は、普段は薬やドラッグストアで入手していませんか。風邪がひどくなったり、なかなか体調が悪いときには、病院へ通うことも多いでしょう。

そんなときには、病院から薬を処方されることも多いでしょう。

感染症は病院で治療

感染症もしばしば耳にしていませんか。そんなに簡単になるものでもありませんが、実際になってみると重い病気になることも多いので、普段の生活にも注意も必要です。

もしも感染症になってしまうと、本来はアモキシシリンなどの感染症治療の薬を処方されます。きっとその時には飲み方についても指導を受けるでしょう。

しかし、アモキシシリンはネットでも購入することができ、時には病院で指導を受けずに飲むこともあります。

アモキシシリンの飲み方と薬の飲みあわせとは

本来は安全な薬のアモキシシリンですが、他の薬との飲みあわせも一部はあるので、やっぱり注意は必要です。まず、飲み方としては、水や白湯で飲むようにしましょう。

お茶だと何らかの影響が出ることもあるからです。またカプセルタイプも多いので、飲みやすいのですが万が一、飲みわすれた場合には、次の飲むタイミングが近ければ、その時は飲まずに次の飲むタイミングにしましょう。

間が空いているときだけ、飲み忘れの分をすぐに飲むようにしましょう。効果は4~6時間続くので、それも見越して、飲むタイミングは調整しましょう。

病院からの指示があればそれにしたがって、勝手にタイミングを変えないようにしましょう。また食前食後については、食後に飲むほうが一般的ですし、胃腸への負担もくなくてすむので、食後が好まれます。

特に量は守ろう

なかなか効果がでないからと、2回分をまとめて飲んだりしてはいけません。時間や食前食後はある程度融通がきいても、特に量はリスクもあるので、しっかりと1回分の量は守るようにしましょう。

 - アモキシシリンについてのお話